■《天声人語》
2007年05月06日(日曜日)付


棚田保存の活動に参加して、連休の一日、遠くに海を眺める房総半島の山あいで田植えをした。地元農家のお膳立(ぜんだ)てで、段をなす田の一枚一枚に、鏡のような水が張られている。

〈田一枚植えて立去る柳かな〉。名高い芭蕉の句からは、慣れた身ごなしで、すいすい苗を植える姿が浮かぶ。だが日ごろ農作業と縁遠い弱卒は、そうはいかない。腰が定まらず右往左往し、田の中は足跡だらけに。植え付けにも難渋し、進まないことおびただしい。

古く、田植えは女性の仕事とされ、従事する人を早乙女と呼んだ。力のいる田打ちや代掻(しろか)きが男の仕事だった。〈生きかはり死にかはりして打つ田かな 鬼城〉。土に生かされ、土を頼みに命をつなぐ。往時の労働の厳しさを思うと、粛然とさせられる。

〈粒粒皆辛苦(りふりふかいしんく)すなはち一つぶの一つぶの米のなかのかなしさ〉と詠んだのは山形県出身の斎藤茂吉である。戦前は、小作制度や飢饉(ききん)が農家を痛めつけた。収穫しても自分たちの食べる分はない。白い米粒が農民の「辛苦とかなしさ」を象徴した時代は長く続いた。

戦時中は妙な米の炊き方があった。一昼夜水に漬け、膨張しきったところで火にかける。食糧不足を補うために政府が広めた。名付けて「国策炊き」。量は増えても、しょせん水膨れだから、腹はすぐに減ったそうだ。

さまざまな時を経て、幸か不幸か、素人の米作りが歓迎される時代である。労働の厳しさにも、一粒のかなしさにもほど遠いけれど、参加者の数だけ、米に関心を持つ人は増えたことだろう。





現在フォルダ:/Info2/資料/新聞より/朝日天声人語/2007/2007-05
ファイル一覧 収録数:29
*名称をクリックすると、内容を見ることができます。
*htmlで表示する。(ただし項番部では直ファイルで表示)
1 2007-05-01天声人語
2 2007-05-02天声人語
3 2007-05-03天声人語
4 2007-05-04天声人語
5 2007-05-05天声人語
6 2007-05-06天声人語
7 2007-05-08天声人語
8 2007-05-09天声人語
9 2007-05-10天声人語
10 2007-05-11天声人語
11 2007-05-12天声人語
12 2007-05-13天声人語
13 2007-05-14天声人語
14 2007-05-15天声人語
15 2007-05-16天声人語
16 2007-05-17天声人語
17 2007-05-18天声人語
18 2007-05-19天声人語
19 2007-05-20天声人語
20 2007-05-21天声人語
21 2007-05-22天声人語
22 2007-05-23天声人語
23 2007-05-24天声人語
24 2007-05-25天声人語
25 2007-05-26天声人語
26 2007-05-27天声人語
27 2007-05-28天声人語
28 2007-05-29天声人語
29 2007-05-30天声人語

下位フォルダ
*(下位フォルダはありません。)

上位戻りフォルダ
../(戻り)
TOP MENUへ